忍者ブログ

かなめ×ぶろぐ

エジプシャン・マウの要と、イマイチ猫飼い初心者の域を抜け出せないイウのらぶらぶ記録
« 2017.03 ✽ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
かなめ
名  前 * 要(かなめ)
性  別 * おとこのこ(ニューター)
誕生日 * 2009年10月09日(金)
猫  種 * エジプシャンマウ
カラー * シルバー
住  処 * 千葉県出身、愛媛在住
飼い主 * イ ウ
にほんブログ村 人気ブログランキング
Admin ⁄ Write ⁄ Res ⁄ plugin

This Blog Search!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お薬中断

かなめ×ぶろぐ1620

ままのおかげでぬくぬくゾーンは健在です。

げぽげぽが止まりません。

きのう、病院に電話したところ、お薬を一時中断して様子を見るようにと指示されました。落ち着いてきたら、投薬と投薬の間の期間を延ばし気味(1日置きではなくて、2~3日ほどあける)にしてお薬をあげてみてとのこと。

只今お薬中断2日目。相変わらず吐いております。

吐いたあとに食べる気もしないようで、ごはんもだら食いMAX状態。次の食事の時間までにお皿がカラになっていないことも。時間になったら下げたいのは山々ですが、吐いちゃってるし日中留守のため空腹で倒れないか心配で・・。結局置き餌状態になっています。

食べる気が無くてもごはんの準備していたらすり寄り、おすわり・おてをちゃっかりやっちゃうので、「お?今は調子いいの?」と思うこともありますが・・実際はそうでもないという・・。ただの習慣と化しているだけのようです。おもちゃにも反応しますが、こちらはハッスルしてます。元気なのか元気ではないのか判断しかねる。

前回お薬投与したのは22日。まだ2日ですね。

もう少し様子を見て、食欲も戻らず嘔吐を繰り返すようであれば、もう一度連絡です。

かなちゃん、はやく調子よくなあれ!

PR

尿検査&投薬戦争

かなめ×ぶろぐ1604【ヒドイ目にあった・・】

同じセリフ、ままも言いたいよ・・。大変だった。

きょうは要の採尿バッチリ!スポイトぱんぱんの量をゲットできました♪

さてさて、気になる要の尿検査の結果ですが・・

かなめ×ぶろぐ1605【結果!】

正常!なんともない!よかったー><

pHも6.5と良好、結晶も出ていません。やはり私の気のせいだったみたいです。


たれままさんが採尿のコツをと仰っていましたので、簡単にですが・・。

私はおたまで尿を掬っています。ちっこを始めた要のお尻の下におたまを入れて採取するので、一般的なやりかた・・だと思います。

そのやり方の流れの中で、私の中で気をつけていることは

  • 要の食事後すぐに採尿作業をする
  • おたまは金属製
  • 慌てない
  • 最後は必ず褒める、お礼を言う
  • 採れなくても落ち込まない

基本的に慌てないのが第一、そして猫と呼吸を合わせることに気をつけてます。

食事後すぐに~というのは、食事後にトイレに連れていくと要が素直におちっこしてくれるからなので、他の猫ちゃんには当てはまらないかも・・?

おたまが金属製というのは、尿がちゃんと掬えているかを音で判断しているからです。ドームタイプなので入口の方を向いてちっこする要と対面状態でどうなってるか見えないからこうするしかなかった・・。ちゃんと入ってると金属に水が入る独特の音がするので分かりやすいです^^

褒めたり感謝したりは結構何ででもですね。投薬も終われば褒めるし、謝るし・・。その辺のコミュニケーションは大事にしたいと思ってます。

取れないからって落ち込んでると、失敗回数重ねていくにつれてプレッシャーがデカくなるので、どうして失敗したかな?と問題点探るなどレベルアップのためにプラスに考えるといいかも。

あまり参考にならないと思います、すみません><


きょうはnew消炎鎮痛剤の投薬開始日でした!

結論から言うと、えらいつかれた・・orz

予想通り、大きすぎて一筋縄ではいきませんでした。

かなめ×ぶろぐ1606【でかいよ、お薬・・】

なんせこの大きさ。一口ゴックン難しい・・。

しかし口に入れて吐きだすたびに溶けて小さくなっていくので、最終的にちゃんとごっくんできました。

コツさえつかめば一回でもいけそうな気もしますが・・、要に負担がかからないよう注意しながら思考錯誤するしかないですね。砕くのも視野に、色々やってみます。

投薬は錠剤が変われば投薬法もちと変更が必要・・と。