忍者ブログ

かなめ×ぶろぐ

エジプシャン・マウの要と、イマイチ猫飼い初心者の域を抜け出せないイウのらぶらぶ記録
« 2017.07 ✽ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
かなめ
名  前 * 要(かなめ)
性  別 * おとこのこ(ニューター)
誕生日 * 2009年10月09日(金)
猫  種 * エジプシャンマウ
カラー * シルバー
住  処 * 千葉県出身、愛媛在住
飼い主 * イ ウ
にほんブログ村 人気ブログランキング
Admin ⁄ Write ⁄ Res ⁄ plugin

This Blog Search!
[423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


かなめ×ぶろぐ1524【病院に行ってきました】

ご心配をおかけした上、大変心苦しい報告になってしまったこと、先にお詫び申し上げます。

宣言通り、本日病院に行ってまいりました。

結果を先に記します。

「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」というものでした。

かなめ×ぶろぐ1525【病状・処方】

あれ、脱臼の字が逆・・?

聞いたこともない名前だったので、先生の説明+自力で調べたところ、小型犬に多い病気で、猫では珍しいもののようです。(先生も大層ビックリしてました・・)

どういうものかというと、・・まあ脱臼なのですが、人間でいう膝のお皿のあたりが何かの拍子にカクッっと外れてしまう感じです。そしてまた何かの拍子にカクッと戻る・・

要がびっこひいたり戻ったりした原因は脱臼だったようです。

前日「右後足が!」と言っていましたが、先生に触診してもらったところ、なんと左後ろ足も。なんと後ろ足の両方が膝蓋骨脱臼との診断結果・・。

で、完治するものかどうかですが、自然完治はしません。完治させる場合は手術が必要です。

しかし、日常生活には支障がないと思われる現在の状況での手術は微妙ラインのよう。薬処方で経過観察ということになりました。

だけど、猫って生活のあちこちで膝に力入るんですよね。高いところに登るのですら、一度ぐっとかがんで力むし。とてもツライ状態なのではと思います。これで悪化しないといいんですけど・・。

原因については先天的なものと後天的なものと・・判別しにくいようですが、あるようです。要がどちらになるのかはわかりません。小さい頃にこういった症状のチェックはしていませんでしたから。。だけど、要は急発進・急停止することが多いので(特にちっこやうんちょの前後)それが結構負担かかってたんじゃないかと思います。

2日に1回の投薬(恐らく要が薬を飲むと吐く体質を考慮してくださったと思われます)で、お薬が無くなった頃にもう一度病院へとのこと。

悪化しないことを祈ります。。

本日の要は病院で今までで一番、挑戦的でした。

診察台から逃亡を試みたり、先生に威嚇したり。

歩き方チェックのため床に降ろした途端、超低姿勢で壁際に逃亡でした。

実家に寄ったら、要は珍しくパパうえに撫で撫でしてもらってました。私とこめ以外に撫で撫でさせてるの初めて見た気がするよ・・


かなめ×ぶろぐ1526【行かない!】

要はトイレに籠城することを覚えました。もしかしたらちっこするのかも・・と思ってしまうイウの心理をついた非常に賢い手だと思います。

たまに、本当にちっこの時があるのであなどれません。


膝蓋骨脱臼は保険によっては補償対象外というところもあるようです。なんでだろう?

要は・・あいにく、私のいつものノロ判断のせいで未だ保険には入っていません。それはもう私が悪いとしか言いようがないです。

けれど、もし、万が一これ以上何かあった時、私は要に最善を尽くして上げられるのか?と考えると、やはり保険に加入しておくべきなのかもしれません。ただでさえ加入前に患った病気は保険金の対象外なんですから。。

ただ、すでに病気持ちの要を加入させていただける保険があるかどうか・・


私は要にツライ思いをさせるために家族に迎えたわけではありません。

しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。つい3ヶ月前には下部尿路疾患、そしてきょうは膝蓋骨脱臼との診断が下りました。

正直、へこみます。私は要1にゃんすら幸せにしてあげられないのかと。私にはまだそんな力はなかったのかと。

私は私なりに、一生懸命要と共に暮らしてきました。

要は私の家族であり、大切な宝物です。それなのに、どうして私は彼の苦しみや痛みにすぐに気付いてあげられないのでしょう?どうして要ばかりこんな目にあうのでしょう?

他の子が不幸になればいいのにと思っているわけではありません。もっと重い病や障がいと闘っている子がいることも重々承知しています。だけど、私の一番は要であり、純粋な気持ちとして世界中の誰よりも幸せになってもらいたい。喜びで包んであげたい。

そんな要が今、苦しんでる。私に原因があるかもしれないのに、甘えてくれる。すり寄ってくれる。正直、つらいです。泣きたくなります。

どうして?あれはどうして?これはどうして・・?

答えは出ません。

今の私にできることは、出来うる限りのことを要にしてあげるだけです。

無力で、愛情ばかりが大きくて、情けないです・・。

要を家族に迎えたことは後悔していません。要は私の家族です。いなかったらいいのになんて一度も考えたことありません。無力で愚かな自分に腹が立って仕方がないのです。

PR

Comments
軽く調べてみたら、もしかしたら「アイペット」の保険ならいけるかも・・・?
加入時の特定疾患リストに尿路疾患も入ってないので、うまくいけば・・とは思いますが。そして、膝蓋骨脱臼でも保険使えるみたいですし。

正直いうと、つむぎの兄弟猫も後肢がちょっとイマイチでそれでつむぎがうちに来ることになったので、もしかしたら猫種的に・・?と思わないこともないです。

そして。
イウさんの気持ちすごく、痛いほどわかりますよ。
私も前猫2匹のときに、やっぱり同じコトを思いました。そしてやっぱり泣きましたよ、自分を責めて。
うまく言えないんですけど、イウさんが落ち込むと要くんも落ち込みますよ。

要くんはきっと、大丈夫。うん。
たま@なっちん URL 2011⁄03⁄06(Sun)03:57:18 編集
THANX! たまさんへ
暖かいお言葉ありがとうございました。
たまさんのご指摘通り、要は私の方を心配しておりました。
ヒトの気持ちに敏感なんですね、ネコという動物は。

保険・・調べましたがどこもやはり「既往症」は適用対象外になるみたいです。しかも再発もダメ・・orz
ヒトと同じでやぱり保険は公平性が保たれないとダメですし、会社を存続させるためにも利益は必要なので仕方ないですね。
のんびり構えてた私がアカンかったと、お勉強になりました。
今後どうするかは未だ決めあぐねてます。
保険料払ったつもりで貯金するか、しっかり保険入っておくか・・。

膝蓋骨脱臼+猫でググってみると、引っかかるブログの猫ちゃんはアビやソマリが多い気がします。
たまさんのおっしゃるとおり、やはり猫種も関係しているのかもしれませんね。
エジプは後肢が前肢より長いので、前足の方が負担かかってそうなイメージでしたが・・。
From イウ 2011⁄03⁄12(Sat)01:47:56
お気持ちお察ししますが、あまりご自身を責めないでください。
きっと要くんはブリーダーさんちにいても別の家に行っていたとしてもこうなってたと思いますよ。
イウさんちの子になれたから、早期発見に至ったのではと思います(´∀`)
たれまま 2011⁄03⁄06(Sun)07:51:48 編集
THANX! たれままさんへ
暖かいお言葉ありがとうございました。
なるべくマイナスに考えず、プラス思考で頑張っていこうと思います。
要が我が家に来たのは運命だと思うので、私なりに要と一緒に歩んでいきます。
どんなに要がツライ状況でも、私が先にめげちゃだめですよね。
From イウ 2011⁄03⁄12(Sat)01:52:54
イウさんの文章を読ませていただき
要氏がイウさんの家族ということが
要氏の幸せなのだと
改めて感じました。
今は要氏を思う気持ちが自身を責めることになっても、
外側からイウさんご家族をブログで拝見する身として
イウさんの要氏に対する献身、
要氏のイウさんに寄せる愛情
ひしと感じております。

猫の保険に入っています。
外傷など怪我もちゃんとカバーできるものが安心ですよね。
入るだけ入ってちゃんと確認していなかった…反省。
ちゃんと読みます<(_ _)>

人間とは比較にならないと思いますが、
ワタシはよく膝の皿はずしてます。
カーテン開けるときとか、
車に乗るとき
ふとした弾みで外れます
自力ではめなおします、大体。
体質です。
変な話ですが、
事故ッた時無傷でした。
一応受診したら
「柔軟なんだよ、体が」と言われました。
今後これが利点となることももしかしたらあるのかもしれません。
すいません、全然参考にならない話…

イウさんがいつも要氏に心砕いているからこそ
大事にいたらなかったんだと思います。
どうぞお大事に。
そして
一日も早く改善しますように。
fumiまる URL 2011⁄03⁄06(Sun)21:37:38 編集
THANX! fumiまるさんへ
fumiまるさんも膝と闘われていらっしゃるんですね。
柔軟というプラス思考も必要なんですね。
要も膝が柔軟な子という認識で、悪化を防ぎつつプラス思考にいきたいと思います☆
それにしても、自分ではめなおすとはなかなかすごいですね・・!
痛くないんですか?(ドキドキ)

猫の保険、健康な今、もう一度見直しを検討されることもお勧めします。
特に対象外になる病気・条件は要チェックです。
要が発症した小型犬に多い膝蓋骨脱臼は、先天的・後天的という判断の境が難しいために完全に対象外となっているものもあります。
また、誤飲など飼い主の不注意による事故なども対象外というのもあります。(誤飲も適用しますというところもありますね)
保険はある意味ギャンブルと同じだと感じます。
必ずしも使うわけではないけれど、万が一のために、という。
会社自身も存続させないといけないので、多少の条件付けは仕方ないのかなと思いますけどね。
なので、今入られている保険の内容をしっかりチェックしてみてくださいね☆
保険未だ迷っていますが・・もしかしたらかなめ貯金にするかもしれません。

fumiまるさんのお言葉にはいつも勇気づけられます。
ありがとうございます。
病気抱えつつも元気に生活しております。ご安心くださいね。
今はだいぶ落ち着いてきまして、私自身も正面から膝蓋骨脱臼と向かい合おうとしています。
目をそむけていては何もできませんものね。
From イウ 2011⁄03⁄27(Sun)10:48:30
かなめくんの 脚の調子はいかがですか?
イウさん 自分をそんなに責めないでくださいね~
かなめくんも きっとイウさんのことが 大好きだし
幸せだとおもいますよ
元気をだしてくださいませ
friends URL 2011⁄03⁄10(Thu)09:27:18 編集
THANX! friendsさんへ
要の調子はまずまずです。
けれど確実に悪化している・・!とかではないので、私としては割と気持ちも穏やかに見守れています。
後悔ばかりしていても良くないとよくわかったので(でもやっぱり後悔はしちゃうんですよね^^;)、今後は要のサポートを頑張りたいと思います。
励まし、ありがとうございます!だいぶ立ち直ってます!
From イウ 2011⁄03⁄27(Sun)10:59:14
name
mail  (非公開)
URL  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
message
password    非公開にする
Attention!
コメントありがとうございます☆
書き込み確認画面がありません。
送信ボタンを押す前に記入情報の間違いが無いかご確認ください。
Trackback
この記事にトラックバックする: